職場の雰囲気で選ぼう

事前にチェック!求人情報から仕事内容と雰囲気を見極める

「工場であまり働いたことがない」という場合、求人情報を見てもどんな職場が自分に合っているのか分からないこともありますよね。そんな時は、どんな人が活躍しているのか・どんな年代が多いのかなど、その職場で働く人の特徴だっだり、数人で集まって作業するのか、一人で黙々と作業するのか、といった仕事のやり方を見てみると良いでしょう。 「男性活躍中」の場合は力仕事や体力を必要とする仕事が多い場合があります。そのため、男性が集まりやすい職場とも言えますが、だからと言って女性がいないというわけではありません。「女性活躍中」の場合は検査や検品など、細やかな作業がメインとなることが多いです。力仕事ではないため女性が集まりやすい職場と言えますが、もちろん男性がいる場合もあります。また、「30代活躍中」などの年代が書かれている場合は、その年代の人たちが多いけれど、その中で上手くやっていけるか?ということを考えるポイントになります。 また、集団で作業する職場の場合は「和」を乱さずに協力し合いながら作業することが重要になります。多少気を遣いますが、大変な時は助け合えるというメリットもあります。一人で黙々と作業する場合は自分のペースで作業できるため気楽です。ですが、他の人に頼みづらかったり、聞きにくいというデメリットもあるので、そういった点を考えながら自分に合う求人を見極めましょう。

面接では必ず職場を見学し、雰囲気を肌で感じて判断する

面接を受けることになった場合、必ず現場を見学させてもらいましょう。ここでいう現場とは、応接室や事務室ではなく、実際に仕事をする工場内のことです。おそらくほとんどの会社はこちらが申し出なくてもサッと現場を見学させてくれることが多いです。ですが稀に、現場を見学しないまま面接が終わってしまうケースがあるので、そうなった場合は「見学させてほしい」と申し出ましょう。やはり、自分が働く場所を目で見て、雰囲気を肌で感じることは大切です。 現場を見学する場合は、そこで働く人たちの姿や、現場の温度やにおい、機械音などをよくチェックしておきましょう。忙しそうなのか、マイペースに作業しているのか。賑やかなのか黙々と作業するのか。空調が効いているか、製品を作る際に発生するにおいや機械音などは、差支えがないか。そういったことをよく見て、感じましょう。実際に自分がここに入って作業することをイメージしてみて、良い雰囲気だと感じるか、この雰囲気はなんだか合わないと感じるか。そこが何よりも重要です。慣れの問題もありますが、仕事中は絶対にその環境に身を置くことになるので、自分自身が不快に感じることが目立つ場合は他の工場で働くことを考えた方が良いでしょう。

© Copyright Job At A Factory. All Rights Reserved.